フラれてしまっても、諦められない恋。ありますよね。

 

今回は、「彼からフラれてしまったパターン」での「復縁方法」を現実的に考えていきましょう。

 

筆者の友人・知人やSNSのアンケートで集めた意見も載せているので、当事者にはちょっぴり直視し難いリアルもお届けします。

 

復縁が成功したなら、めいいっぱい笑って幸せを伝えよう

復縁手順その1|まずは冷静になろう

彼にフラれてしまってからすぐは、ショックも大きく、心の中は「悲しい」「寂しい」など辛い気持ちでいっぱいになってしまっているはず。

 

ただ、その気持ちだけをそのまま彼にぶつけては、「重たい、自分には扱いきれない」という気持ちにさせてしまう可能性が高いです。

 

男性の多くはそもそも気持ち重視の会話が苦手だということを理解した上で、冷静に下記のことを考えてみましょう。

何が別れの原因かを考えよう

まずは、別れの原因として、「自分の悪いところは何か」だけでなく、「彼に悪いところはあったかどうか」を考えてみましょう。

 

別れに繋がったたということは、なんらかの点で「合わない」ことがあったのだと考えられますが、人の関係において、どちらかだけが100%悪いことはほぼありません。

 

ただし、何が別れの原因かを考えたときに、「私の◯◯がいけなかったんだ」「私が我慢すればいいんだ」などと、自分のことばかりを責めてしまうようなら、それは冷静になれていない証拠。

 

そんなときに頭を働かせても空回るだけなので、まずは友人に話を聞いてもらったり、気分転換するなど、気持ちを落ち着かせることを心がけましょう。

冷却期間とは自分が冷静に考えられるようになるまでの期間

復縁方法として、よく言われるのが「冷却期間を置こう」という話。

 

この冷却期間とは「彼が復縁を望んでくれるようになるまでの期間」ではなく、「自分が冷静に考えられるようになるまでの期間」と覚えておきましょう。

 

フラれたばかりのときは、どうしても彼がとても格好良い人に思えてしまいますし、どんな手を使ってでも取り戻したいと思ってしまって当たり前。

 

冷静な頭で考えたら、お金や女性にだらしないダメな男性であったとしてもです。

 

彼は、本当にどうがんばってでも復縁したいぐらい素敵な男性なのかどうか、冷静に考えられるようになるまで冷却期間を置くようにしましょう。




復縁手順その2|連絡を取ってみよう 

冷却期間を置いて、冷静な頭で「何が別れに繋がったのか」を考えられるようになったら、連絡を取ってみましょう。

気持ちはあくまで添えるだけ

連絡を取る際には、何がいけなかったのかに気づいたこと、それをどのようにしていこうと思っているかを主軸に復縁を提案してみてください。

 

間違っても、「あなたがいないと生きていられない」なんて、気持ちを全面に押し出すことは避けましょう。

 

先にもお話しましたが、気持ち重視の話し方は男性をひるませやすく、逃げ出したい気持ちにさせてしまいます。

復縁手順その3|あとは待つだけ

あなたの復縁したい気持ちを彼に伝えたなら、あとは待つだけです。

 

ここで必死になって押してしまうと、「こちらの都合を考えていない自分勝手だ」と思われてしまうので気をつけてくださいね。

復縁はないとキッパリ言われたら諦めよう

連絡を取ったときや、その後に改めて、「復縁をする気はない」との返事があるかもしれません。

そのときには、心残りのないように自分の気持ちを伝えるに留めておき、諦めることをおすすめします。

 

少なくともその場でいくら押しても、彼が考え直すことはないでしょう。

いつか復縁はあるかもしれないと言われたら、じっくり待とう

今すぐではなく、「いつか復縁するかも」というような曖昧なニュアンスのときもまた、その場で押し続けても意味がありません。

 

ただ、だからといって、いつかを期待しながら待ち続けるだけは辛いもの。新しい恋でも趣味でも見つけて、自分の人生を楽しみながら待つことをおすすめします。

復縁は難しい?男性へのアンケート結果

復縁のためにあなたからできることはこの3つだけなんて、拍子抜けしてしまった人もいるのでは。

 

でも、これぐらいしかできることがないぐらい、そもそも復縁は難しいものなんです……。

自分から別れを切り出したときの男性の本音

「冷静に考えた末の別れだと思うので、まず復縁はしないと思う」

年齢は20代から、50代。職業などもバラバラの男性20人ほどに、「フッた女性から復縁を申し込まれたとして、復縁する可能性はある?」というアンケートをしました。

 

すると、全員から上記のような意見が出たのです。

 

そして、彼らの傾向として、「勢いで別れを切り出すことはまずない」ということが挙げられました。

 

つまり、「よく考えた末で別れを決意したので、その気持ちが揺るぐことはまずない」とのことなのです。

 

これは復縁したいと考えている女性にとっては、かなり悲しい現実でしょう。ただ、そんな中でも唯一、復縁が成功しやすいのが、喧嘩直後など勢いで別れてしまった場合です。




復縁手順番外編|勢いによる喧嘩別れの場合

勢いからの別れは、彼もあとから冷静になって考えて、自分の非に気づき、復縁を望むケースも多くあるようです。

ただ、プライドが邪魔をして、なかなか謝ることが難しい場合もあるでしょう。そんなときは共通の友人がいれば、間に入ってもらうのもおすすめです。

復縁しても幸せになれるかが不安……

世の中の復縁カップル事情を覗いてみると、一度復縁しても、また別れてしまうカップルが多いという現実があります。

復縁後、すぐ別れる人もいれば、結婚する人もいる

確かに復縁カップルは別れる確率が高いかもしれません。しかし、確率なんてものは個人の関係においては何も意味をなさないでしょう。

 

「復縁カップルは別れやすいと聞くし……」と考えて諦められるならそれでも良いです。

 

ただ、冷静になって考えて、どうしても復縁したいと思えるなら、後悔しないように行動してみても良いのではないでしょうか。

復縁後にラブラブカップルになるための鉄則

復縁後にまたラブラブな関係を築くためには、お互いの努力が必要不可欠ですが、特にあなたは「自分のことを卑下しすぎない」ことが大切です。

 

どうしても復縁を迫った側というのは、「またフラれるのでは」と卑屈になってしまったり、相手を束縛してしまいがちです。

 

しかし、その状態は彼と対等に付き合っているとは言えず、ラブラブな関係には程遠いでしょう……。復縁後は、自分を下げすぎたり相手を上げすぎることのないよう心がけてください。

 

そして、「彼と一緒にいられて楽しい、幸せ」という気持ちを恥ずかしがらずに表現していれば、復縁して正解だったと彼にも思ってもらえるはずです。

復縁が成功したなら、めいいっぱい笑って幸せを伝えよう

男性のリアルな本音からも分かるように、復縁が成功するかどうかは正直なところ五分五分です。

 

でも、成功したなら、それは「あなたとならもう一度幸せになれる」と彼が信じてくれたからこそ。

その気持ちに応えられるよう、あなたももう一度、手放しに二人の幸せを信じ、満喫してくださいね。

 

おすすめの記事