同棲中・結婚中に効く!魔法の言葉

前回記事で、「安全基地」の話をしましたが、それこそ我が家は、物心ついた頃から、10年ほどに渡り、年々悪化していく両親の仲……。

最後の方には、食器や食事が飛び交っていたりしたような家庭だったので、安全基地のないまま育ちました。

そして、例にもれず失敗を極端に恐れ、完璧主義にまでなってしまった私、たけなわアヤコです。

親が子どもに絶対にしないといけないただひとつのことは「安全基地」を作ること

あなたももしかして完璧主義?

完璧主義とはその名前の通り、「完璧でないと許せない」性分のことなんですが、この性分って、こと同棲や結婚生活には厄介なものです。

そして、よほど大らかな人のでない限りは、同棲・結婚といった自分のテリトリーに他人が入ってきたときには完璧主義になってしまいやすいものでもあり、衝突の大きな原因にもなります。

「彼(彼女)が善意でしてくれていることなのに、イライラしてしまう。文句をつけてしまう」なんてことがあるなら、きっとあなたも心のどこかにいた完璧主義が顔を覗かせているのでしょう。

完璧主義のデメリット:同棲&結婚生活に大きく響く

現在、同棲中の身ですが、ありがたいことに彼は比較的、家事のいくつかはやってくれるし、大変さにも理解あり。

だけど、

彼の難点は「すぐに動き出さないこと」。
ご飯食べてから洗い物を長らく放置だとか……、これは完璧主義の私としては、「ない」行動。

そんな風に自分の生活圏内に大きく他人が関わってくると、完璧主義を相手にまで求めてしまいます。

そして、せっかく善意でやってくれていることにもイライライライラ。ストレスが溜まってしまう。

……なんていうのは、本当によくありません。

完璧にやらなきゃ、そんなイメージに囚われたときに唱えてみて

「なんで完璧にできないんだろう、こんなんじゃだめだ」と自分に対して責めたり、落ち込んでしまいそうなとき。

「どうせやるなら完璧にやってよ!」と誰かに対して怒りたくなったとき。

そんなときの魔法の言葉が、

「死なないならまあいいか」

です。

たったこれだけの言葉なんですけど、何事においても、結構効果的だと感じています。

あなたは、「疲れてるけど、私がやらなきゃ……」と思ったことはありませんか?

このような「やらなきゃ」「しなきゃ」といった「○○しなくてはいけない」思考は心をとーーーっても疲弊させます。

すると、心のキャパシティがいっぱいいっぱいになって、何があった訳でもないのに涙が出てきたり、ちょっとしたことでイライラしたりも増えてきます。

そうなる前に、魔法の言葉で自分を甘やかしちゃいましょう!




大概のことは死ぬような問題じゃないよ

「食器洗わなきゃ……」
今、洗わなくても死にません!

「今日なんだかご飯作るの面倒に感じるけどやらなきゃなあ……」
そんな日ぐらい出来合いもの買っても死にません!

こんな風に、「しなきゃいけない」思考にとりつかれたときは、「死なないからまあいいか」でそんな思考をいなせるようになると、肩の力がふっと抜きやすくなりますよ。

それは、今よりも自分にちょっとでも優しくなれること。心にゆとりを持てること。

すると、不思議と誰かと一緒に暮らすのも一気に楽になったり、衝突しなくなったりも!(実体験です)

そんな「死なないからまあいいか」生活、はじめてみませんか?

親が子どもに絶対にしないといけないただひとつのことは「安全基地」を作ること



おすすめの記事